記事一覧

携帯ポンプとCO2ボンベ どちらにすべきか?で僕なりの結論

パンクに対する備えはロードバイクにのっている限り絶対必要

タイヤレバーや交換チューブ、パッチなどと同じくらい必須なのが、携帯空気入れ

結論から言うと、まだパンクの修理になれないうちは携帯ポンプ、慣れたらCO2ボンベに切り替えるのがベストかなと思います

最初に携帯ポンプにしたほうがいい理由

慣れないうちはタイヤがチューブを噛んでしまったり、パンクの原因となった突起物が残ったまま空気をいれてしまうこともあり、何度も空気を入れ直すことができる携帯ポンプのが安心感がある

とはいえ、ある程度しっかり空気をいれようと思うと100回以上はポンピングしないといけないのは苦痛だし、小さいタイプもありますが、サドルバックにはいらず、フレーム直付けなのも見た目的にう~ん😥

なので、パンク修理にある程度慣れたらCO2ボンベに変えるのがありかと

ちなみに私が買ったのはこちら



チューブとボンベの間にかますバルブとボンベ二本セットでこの値段

二本使い切ったら、ボンベだけでも買えます



ボンベ一本で二回は問題なくいれれますね 当分こちらを使いたいと思います

それでは今日はこのへんで よろしければ下のバナーをクリックしてくださ~い

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント